マンション 売却 注意点



マンション売却の注意点についてお伝えしたいと思います。
マンションを売るにあたっては、段取りや準備が必要になりますね。
みかんやリンゴを売るのとは違って、マンションの権利関係の調査をするととにも物件の調査も行います。

とても大切な財産になりますので取引から引き渡し、その後もトラブルがないようにするのが不動産業者の役割になります。
その中での注意点と言えば。。。
不動産業者との付き合い方も注意点の一つになると思います。

売却となれば面倒なこともありますが、自分でできることは自分で行うといったことも必要です。
登記簿謄本や公図、建物図面などは業者でも簡単に取得することができます。
評価証明書については本人もしくは委任を受けたものが委任状を持って役所に取りに行くことも可能性です。

参考となる書類を見つつ、取引相場を見つつ、査定しますが、すべて営業マンの話を鵜呑みにしないことも注意点ですね。
なるべく複数の営業マンにあって査定してもらう。
その中で話される内容を総合して判断するといったことが必要です。

また、住宅ローンを組まれている場合には、残債がいくら残っているか?
これも注意点の一つです。
査定額が少なくとも残債よりも上回っていないと取引ができない可能性があります。
できる可能性としては、足りない部分を手金で追金することですね。

例えば、売買価格が2000万円 残債2300万円なら他から300万を持ってきて金融機関に返済しつつ、売買代金も全額金融機関に返済。
手残りは0円です。

ただ、不動産業者には仲介手数料の支払いもあるので他にも最低で70万円余分に必要になりますね。

また、引越し費用も必要になります。
買い替えであっても賃貸であっても引越しするための費用。
やっぱりファミリーだと50万円程度はみておかないとね。。

そして、室内におけることについては何でも話しておくことですね。
ほとんどないですが、、、自殺や事故死、病死、結露、水漏れ等々。
できれば、騒音についてもそうですね。

その方が後々のトラブルを未善に防げます。
逆に言わないと告知義務違反になる可能性だってありますね。(・∀・)



[マンション売却] ブログ村キーワード

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。