マンション 売却 弁護士

マンション売却にあたって弁護士が出てくる。。
通常はそんなことないですね。
でも弁護士の先生にお世話になることがあるんです。(・∀・)

あまりお世話にならないほうがいいですが。。。
どうしても住宅ローンの返済ができない。
債権者から督促が多くなってきて返済できないってケースは弁護士の出番になるんです。。


とうぜん、不動産投資の失敗の場合もそうですね。
今流行の不動産投資に手を出して、返済できなくなったってこともあります。

弁護士の先生は債務者の依頼を受けて住宅ローンの返済や事業用ローンの返済を含めてすべての借金を整理します。
そして、不動産においては任意売却という方法で売却をします。
任意売却であっても弁護士は売却における作業は不動産業者に任せて債権者との交渉がメインになります。

弁護士は債権者との交通整理と債権放棄もしくは債権減額の作業が仕事になります。

まずは弁護士の先生に依頼しないとダメなのだかネットで机上査定しておいてもいいですね。
依頼に対する費用は、売却価格の数%の場合もありますし、その後の自己破産に順する費用になるか。
それは最初の相談で聞いてみるといいですね。

[任意売却] ブログ村キーワード

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。