中古マンション 売却

中古マンションを売却したい。現在、所有している理由はそれぞれだと思います。
売却理由によっても売る方法が違ってきますので説明しますね。

ほとんどの場合、中古だと思います。
中には新築で購入されたにもかかわらず、入居することもなく売却するといったまれなケースもあるかと思います。
今回、中古ということで、売却の理由は大きく分けて3点に分類されます。

1.住み替え
2.住宅ローンの返済
3.相続

住み替えは同時並行


1番多い理由である「住み替え」による売却。
家族構成に変化があったことがあげられます。
 1)子供が増えたことによって手狭になった。もう一部屋必要になった。
 2)子供が家族をもって出て行ったので広い部屋が必要なくなった。
いずれの場合でも、次の住み替えする新居を同時に探すということが必要になります。
そして、住宅ローンを組まれている場合には、残債との兼ね合いで新居で組める融資枠も変わってきます。
売りと買いを同時並行で進めるならバランスも必要になります。
物件情報を入手しつつ、金融機関から融資情報についても相談することをおすすめします。

住宅ローンの返済は滞納に注意


そして、住宅ローンの返済による売却。
返済というよりも返済が厳しい場合や返済できなくなりつつある場合です。
売ってこれまでの残債を完済してしまう。。。毎月のローン返済が厳しいのでいっそのこと売ってしまうので如何に高く売却できるかどうか。少しでも手残りがある方がいいですね。
そしてあってはならないことですが、返済不能に陥るケース。
滞納する前に銀行に相談に行っていればいいですが、数回返済が滞ると債権が銀行から保証会社に移ります。その後は、競売にかかるか任意売却の扱いになります。
返済不能の売却は、何も残りませんので少しでも引越し代を作っておくことをおすすめします。
競売にかかり落札者から退去の話があっても引越しできなければ最終的に、強制執行で退去させられます。

相続の仕方がポイント


そして、最後の相続による売却。
両親や親族の住んでいたマンションの売却。残念ねがら住む予定がない。相続でもらっても使い道がないなら売るか貸すか。貸すことによって賃料収入があれば、賃貸という方法もありです。
ただ、家主業はトラブルがあるごとに対処しないといけないので精神的な負担もあります。ましてはその物件が遠方にある場合、何かあっても早急に対応できないですね。


そう考えると、現金化しておくことの方がいいかもしれません。
売却する際には、相続登記が終わって名義人になっていないと売れませんので準備しておいて下さい。
また、共有名義の場合は、共有者の同意がなければ売却できません。(もちろん、取引の際には、共有者の署名捺印(実印)、印鑑証明は必要になります。

面倒であれば、遺産分割協議書を作成して単一名義にしておく方法もあります。
後に現金化したものを分割する方法です。

以上、3点についての売却の理由をお伝えしました。
そうであっても譲渡益が出ている場合には税金がかかりますので、お忘れなく。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。