マンション 売却 費用



マンション売却に関する費用って気になりますね。
不動産仲介業者(宅地建物取引業者)に売却を依頼して、成約に達すると仲介手数料報酬が発生します。
直接、不動産会社が買い取る場合には費用は発生しませんが、そうでない場合は仲介手数料が発生することを覚えておいて下さい。

ではその費用っていくら掛かるのか?
売買する物件の価格によって違います。

物件価格の消費税がかからない部分が400万円を超える場合。
つまり物件の税抜き価格が400万円を超える場合には
  物件価格(税抜き価格)×3.24%+消費税
これが上限になります。

200万円を超えて400万円以下の物件の場合。
  物件価格(税抜き価格)×4.32%+消費税

200万円以下の場合。
  物件価格(税抜き価格)×5.4%+消費税

上限なのでそれよりも下の価格で支払っても問題ありません。
そこは仲介業者との交渉になります。

ただ、大手と言われている業者は一切値引き交渉にのってくれません。
きっちり請求されますので注意してくださいね。
また、費用の支払い時期ですが、契約した時点で半額支払います。
そして、決済引き渡しの時に残りの半額を請求します。

他の業者では仲介手数料を半額にしますとか、上限を決めて、売買価格が上がっても上限値以上は頂きませんというスタンスの会社もあります。
また、仲介手数料の支払い時期も、地元業者だと決済・引き渡しのタイミングで全額請求というケースが多いですね。
手付金も受領できず、または少なく手持ちのお金が少ない場合には半額と言えども心もとないですね。


そう考えると大手だけでいいのか?
そんな疑問も出てくるかと思います。
査定の段階で、実際の手残りがいくらかという視点から検討してもいいですね。
手残り金額=売買価格-仲介手数料報酬-所有権移転費用

また、この費用は、依頼主からの仲介手数料だけになりますので、仮に売主から依頼されて契約出来た場合であっても買主を直接見つけてきた場合には、売主・買主双方から仲介手数料をすることになります。

売却において仲介手数料以外に報酬を請求される場合には、注意してくださいね。
これらの報酬は上限になっているのでそれ以上の請求は宅建業法上違反になります。

他に司法書士の先生支払う所有権移転登記にかかる費用があります。
売却の場合にはそれほど費用はかからないです。





[マンション売却] ブログ村キーワード
 

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。