マンション 売却 媒介契約



マンションを売却するにあたって最初にすること。
不動産仲介業者さんに売却相談をして査定してもらいます。(・∀・)
まずはネットやチラシが入っている業者さんに電話して、訪問してもらい相談をしつつ査定。。

どこの業者さんであっても土日を除いた3営業日程度で査定価格の提示があると思います。
(土日は調査する役所が休みのため)(遠方の物件は別)
その査定価格をもって販売価格を決定します。
次にするのが「媒介契約」。
この媒介契約というのは簡単に言えば、1社だけに売却依頼をするのか。
自分で直接買主を見つけてもいい契約にするか。
それとも複数の業者に同じ条件で依頼するかですね。

これらのサイトを見ていると媒介契約の中でも「専属専任媒介契約」や「専任媒介契約」がいいですよって書いてありますね。
つまり1社だけにお任せするって契約です。

そのメリットとしては
・熱心に活動してくれる。
・窓口が一つなので安心感がある。

果たして本当にいいのか。
この上記の媒介契約は不動産業者にとって「うれしい」契約です。
だって他にお客さんが逃げて行かないからです。
「絵を描く」こともできるんです。

つまり、自分の思い通りに売主さんをある程度ハンドリングできるんです。
営業マンの中には「最低でも売主さんから仲介手数料はいただける」
自分の思うところの価格と違う場合など、活動なんてしない場合があります。

では複数の業者に同時に依頼する「一般媒介契約」はどうか?
・熱心に活動してくれない
こんな記事もありますが、やる気のない営業マンは無視していいです。
別の会社の営業マンが頑張りますから。。

一般媒介契約にすると、業者間で競争がはじまります。
緊張感をもって営業活動してくれるので希望に近い金額で売却できる可能性があります。


大手に限らず一括査定で複数の会社に査定依頼し。査定額から希望金額で査定に来た複数の業者に「一般媒介契約」で依頼する。

これが1番いい方法ですよ。(・∀・)


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。